So-net無料ブログ作成
-| 2017年01月 |2017年02月 ブログトップ
前の10件 | -

不登校21日目 ゲーム没収された息子 [不登校]

今日は、代休で学校はお休みです。

前日、夫にゲーム、iPadを没収された息子ですが、
am9:00までフテ寝ww

とばっちりで没収された次男は
「あいぱっど ない! ようちえん いく!!」
と、速攻で切り替え、うきうき幼稚園へ向かいます。
実に前向きですww

さて、次男を幼稚園に送り帰宅しました。
息子の様子を見たところ、
ベッドに入ったまま、宙を見つめていましたw
何が見えているんだか、知る由もありませんが、
とりあえず、放置ww
私は家事に専念していました

・・・・と、不気味な笑い声と物音が聞こえます。

「お父さんの目覚まし時計、隠した」

だってさ、復讐のつもりらしい
息子の小物っぷりに笑うしかなかったよw

適当にあしらって、家事やってました。
息子、再び放置ですw

さて、そこから30分後、
リビングの将棋とオセロを息子のいる場所まで運んだところ

「オセロ、やろ・・・」

と言われたw
息子、いわゆる「かまってちゃん」なので、放置されると
寄ってきますwww

オセロ? 私の圧勝ですww
容赦なく、速攻で叩きのめしましたw
で、次は将棋だというのですが、
はっきり言って、家事で忙しい。

「これを見て並べといて」と「3月のライオン 2巻」を渡し、
再び放置、私は洗濯干しにかかります。

ここで、息子がついにリビングに降りてきました。
「エクレア、あるよ」
「お腹空いてるなら、ラーメンでも作る?」
と、甘言し、息子に食事をとらせました。

で、食後に将棋に付き合って
将棋でも容赦なく瞬殺してやりましたww

それでも、息子は結構楽しかったみたいです。
おとなしく、カウンセリングについてきました。

で、カウンセリング後、弟の幼稚園にお迎えに行きました。

偶然、幼稚園時代の仲良しのお友達がいたので、
たっくさん、構内で遊ぶことができました。

そして、帰りに寄ったスーパーで、
またしても偶然、おばあちゃんと会いました。
そのまま、弟と一緒に、おばあちゃんちに遊びに行って、
帰ってきたら、もう晩御飯。

なんだかんだと、色んな偶然が重なって、
デジタル機器なしでも、
楽しく1日を過ごせてしまいましたwww

旦那とも、お風呂で仲直りできましたw

最後には、朝、隠した目覚まし時計を
ちゃんと、もとの場所に戻していましたwww

息子、結局優しい子なんだよねーww

デジタルなしの1日、
悪くなかったよ、
しばらく、続けてみたくなりました。

怒りまかせとはいえ、
旦那の決断に感謝です!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

不登校20日目 ゲーム没収の悲劇 [不登校]

今日は日曜日
学校に言ってないくせに、
開放感を感じている息子ですw

前日の面談で
「引きこもらないよう、とにかく外出すること」
「体力が落ちないよう、なるべく体を動かすこと」
を先生からアドバイスしてもらった旦那が
張り切って、お散歩に誘いました。

家族みんなで、
最寄駅までのんびりお散歩して、
買い物、昼食、公園でたくさん遊んで
帰宅しました。

帰宅後に、また、
夕ご飯作りを手伝ってくれました。
今日は「水炊き」なので、
野菜を切ってもらいました。
ネギを斜めに切ることはわかっていた息子でしたが、
やらせてみると、手つきがおかしいww

写真 2017-01-29 16 47 50.png

本人は
「スーパー料理人でしょ!?」
と自信満々でしたww

さて、ここまでは、とっても楽しい一日だったのですが、
夕食後に大惨事になりましたw

我が家では
iPadとゲームには特に時間制限はつけていません。
ただし、別のルールもあって

・やるべきことはやる
・お風呂や食事、寝る時間になったら、やめる
・親が「やめろ」と言ったら、やめる
・大切に扱う

ということを決めています。

息子の場合、これに
「学校がある時間は使えない」という
暫定ルールが加えてあります。

さて、夕ご飯の後に、iPadでマリオランをやっていた息子です。
どうやら、上手くできないようで、
相当、頭にきていたようです
怒りすぎて、涙を流す始末ww
マリオに毒づき、任天堂に罵詈雑言www

これに頭にきた旦那が説教
「できないのは、努力が足りないからだ」
「ゲームで怒るならやめちまえ」
と、怒鳴りつけたww

で、火にガソリンを投下された息子が
大爆発して、
iPadを投げつけたww

どっちもどっちの争いでしたがw
「大事に扱う」ルールに抵触w

あえなく、没収と相成りましたww

かわいそうだったのは次男です
完全に とばっちりで一緒に没収w

「あいぱっども まりおも なくなっちゃったー」
「まいくらもできないーーーーー!!!」

と大号泣www

次男の場合、まだ自己管理が難しく、
やめられないことが多いんですよね、
最近やっと、けじめをつけられるようになってきただけに、
本当にかわいそう。
でも、たまには いい薬ですww

切り替えも早く、
録画してあった ジューオージャーをみて
速攻で機嫌が直りましたww

さて、問題の息子は
「恨み」「絶望」の気持ちしかないようですw

「明日から、ニートになる」

と宣言し、反省の色は見えない。

「これでまた、学校から遠ざかっちゃうなー。」
と、ため息まじりに思いましたが、
ここで、フォローして、
旦那との仲直りを促して
助けてあげることは、長い目でみたら
息子のためにはならないよね。

「反省」するっていうこと、
つまり、今の状態は旦那のせいではなく、
自分の過去の行いの結果だと、
自力で気づいて欲しいです。

そこから、自分で
謝る、とか、
交換条件を出す、とか
解決策を見つけて欲しい。

まぁ、私は、
どんなに息子が荒れても、手を貸さないで、
それでもそばにいて、
ヨシヨシしてあげようと、思います。

別記事にまとめようかと思っているのですが、
私、無意識に「過保護」だったようで、
それって「心配」と「親としての社会的責任感」からきているんですよ。
うっかり、「先回り」「お膳立て」をしがちなので、
その辺、やめてみようと思っている次第です。

明日、iPadなしの息子たちと、どう過ごすか、
結構、楽しみだったりしていますww
私も旦那もiPhone使えないしね、
以外と、楽しく過ごせるかも、と期待しています。

それでは、また
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

不登校19日目 旦那出陣 [不登校]

今日は土曜日なのですが、
参観日で学校がありました。

息子は、もちろん欠席(涙)
自宅でまったりしていましたwww

私の体調も完全回復していて、なんとなく絶好調、
息子と次男と3人でお買い物に行きました。
あったかくて、いいお天気で
とても楽しくお散歩ができました。

さて、今日は、旦那一人で学校との面談です。

旦那は、出かける前に、息子に確認していました。

「学校、好きな部分もあるよな」
「・・・うん」
「今じゃなくても、いつか学校行きたいよな」
「・・・うん」
「今じゃなくても、学校、行けるようにがんばろうな」
「・・・うん」
「じゃ、お父さん、先生とちゃんと、話してくるから」

そうして、出かけて行きました。

で、2時間後くらいに、上機嫌で帰って来たww

先生と、ざっくばらんに話せたらしい。
喧嘩にもならなかったらしい、
校長先生を引っ張り出す必要もなく
円満にお話できたようです。

そして、私が
勝手に想像を膨らませ、
勝手に「登校圧力」を脳内製造し、
勝手に落ち込んでいた事がわかったwwwwwwww

いやーー、思い込みって怖いねーーーww

本人、冷静に対処しているつもりだったんですよ。
全然、冷静じゃなかったww

先生が言っていた
「家庭訪問」とか、「強引にでも連れてく」
っていうのは、あくまで、「提案」でした。
実際に、それで上手くいった例もあったんですって。

それを、私が妙に重く受け止めて、
「なんとしてでも学校につれてこい」って言われていると
感じてしまっていたんですね。

で、ついつい、息子をしつこく学校に誘ってしまって、
こじらせた、と・・・。

先週の自分で書いた記事を読み直したら、
よくわかりました。

どんどん、妄想を膨らませ、
勝手に落ち込んで、勝手に追い詰められてますww

どうしても、先生とのやりとりが
授業の合間の限られた時間に
なってしまうので、
上手く、意思の疎通がはかれなかったんですね。

で、勝手に、足りない部分を補った結果、
「学校は、わかってくれない!!」
という被害妄想wwww

我ながら恥ずかしすぎるww
・・・穴があったら入りたい・・・
とは、まさにこのことだ////

子供が不登校になるって、
平静でいられないものなんですねw
いや、ほんと、勉強になりました///

旦那が頑なに
「お前は来るな!!」
と言っていた意味がよくわかりましたww
Thank you 旦那!!!!!

ついでに、心からほっとしたことがあった。

クラスに不登校の子が出てしまっても、
先生や学校の評価に関わる事はないんですって!!

まぁ、普通こんなこと聞けないけれど、
うちの旦那のKYっぷりをもってすれば造作無いことですww

「息子みたいなのがいると、上から色々言われちゃうんじゃないの〜?」
と、オブラートゼロで聞いたらしいww
さすが、旦那!!
敬語も使わない旦那ww

で、先生から
「昔はともかく、今はそんなことないです、
学校、自治体、全体で連携して解決することになっています」
との回答だったみたいです。

よかったーーーーーー!!!

「受け持ちの児童が不登校になっても、先生や学校にお咎めなし!!」

まぁ、時と場合によるんでしょうけど、
少なくとも、今回の件で、
先生の評価が下がるってことはないようで、
すっごく安心しました。

出張が多いのも、「たまたま」だったようで、
息子の件は無関係w
ほんと、妄想って怖いわwww

ついでに、先生は私のことまで心配してくれていたらしい//
そういえば、カウンセラーさんも、
「とにかく、辛くなったら、すぐ連絡してください」
と、心配されていたし、
本人以外は
「こいつ、やばい!!」
って、わかっていたんですねww

まぁ、本人は
「私が、なんとかしなきゃ!!」
「私が一番わかってる!!」
と、思い込みがちな訳で、
大真面目にあれこれ妄想していたんですねー。

滅茶苦茶に恥ずかしかったけれど、
とても、ホッとしましたww

精進しようw


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

不登校18日目 学校で泣いたよw [不登校]

今日も予定通り、欠席でした。

それよりも、私の体調不良(頭痛)がひどく、
起き上がることが困難でした。
なんとか、登校班に連絡帳を届け、
次男の幼稚園の準備にかかろうとするも、

「きょうは、よーちえん、いかない!! ぷん!」
(ほんとにこう言ったww)


・・・次男、おまえもか・・・。

理由はハッキリしていて、
「給食のメニュー」が気に入らないから、です。

激しい頭痛に襲われつつ、次男と格闘して、
バス停まで送る?
すみません、無理ですww

ちょうど、次男も鼻水と咳が出てるし
「風邪気味」ってことで欠席!

なんとか、幼稚園に連絡して、
バファリン飲んで
ソファに倒れこみましたw

薄れゆく意識のもと、
「駄目親」
の3文字が、脳裏に浮かんだよ・・・。

で、1時間後、気が付いたら、毛布がかけられて、
アイスノンが枕元に!!

息子がやってくれたらしい。
近くに、水の入ったコップがあった。
なに、このイケメンww

「お母さん、大丈夫?寝てていいよ」

だってさ、涙でちゃうよ。
なんで、こんなに優しいんだろう?

「大丈夫だよ、元気になってきた!」
って言ったら、
「誰のおかげ?」だってさww

心の中で「バファリン」と言いながら、
「息子のおかげだよ、ありがとう」と言いましたww

ちなみに、このやり取り、
この後10回以上繰り広げられましたww
息子、結構 恩着せがましいなw


さて、連絡帳やプリントを受け取りに学校まで行ってきました。
今日も一人で、とぼとぼと行きました。

「今日も欠席かー、何か言われちゃうかなー」
と、かなり憂鬱な気分でした。
BGMは「ドナドナ」ですねw

で、教室についたら、
副担任の先生が出迎えてくれました

「あー!こんにちはー!!」
「ごくろうさまですーー!!」

と、明るく声をかけてくれました。
久しぶりに、笑顔で迎えてもらった気がした。

今日は、担任の先生が出張とのこと、
渡されたプリントは、自習の分も含めて大量でした。

その、大量のプリントを説明しながら、
先生が言ってくれたんです

「全部、やらなくても、できるだけで大丈夫ですよ」
「無理しないで、できる分だけでいいですよ」
「心配しないでくださいね、大丈夫ですよ」

こんなに、優しく言ってもらったの、初めてでした。
「無理しないで」って学校で初めて言われました。

はい、泣きましたwww

いい年して、恥ずかしいよ、ほんとw
でも、ほんっとうに、うれしかったんです。

いやはや、頭痛でお化粧もできず、
咳が出るから、マスクで顔半分隠れていて良かったw

その後も
たっくさん、労ってくれて、
私は、すっごく癒されて、泣きながら帰りましたww

先生、ありがとう!!!!!!

ここで、元気をチャージしてもらったので、
今日は1日遅れの旦那のお誕生日会です。

メニューは、ステーキ、ポテトサラダ、水菜サラダ、
明太子スパゲティ(偏食次男用)
しょぼいかなww
まぁ、みんな少食なので、こんなもんです。

で、夕方になって、なぜか息子が張り切りだしたww
「今日が終わっちゃう!!、何かしなきゃ!!」だってw
「宿題やれよ!!!」と心でツッコミ入れときましたw

息子に、「水菜サラダ」を作ってもらった
「包丁で切りたい!!」って言ってたしね

水菜ときゅうりを切って、
私が切ったトマトと一緒に
お皿に飾り付け、
何かもっと「飾りたい!」と
ハムのみじん切りと
お弁当の仕切り用のシリコンレタスなんかを
飾っていました。

で、完成品がこちら!!
写真 2017-01-27 18 37 35.jpg

「水菜のきゅうり探しサラダ」です
その後、テーブルを拭いたり、
旦那様のコップを用意したりと、
大いに働いてくれました。

さて、誕生日パーティーという名の
ちょっと豪華な夕ご飯は
とても、和やかで、息子も大満足w

今日は、なんか、幸せな1日だった。

学校に、行く、行かない、にとらわれず、
今日を有意義に過ごす事を大切にしていきたいです。

みんな、笑顔の1日を過ごせた事に、感謝をこめて


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

不登校17日目 親がダウン [不登校]

今日は予定も結果も欠席です。

体調も万全ではないし、しょうがないです。
 
「学校、行きたくない・・・」
とのことで、それ以上は何も聞きませんでした。
心から思いました
「私も行きたくない・・・」wwww

だって、最近、いわゆる、「登校圧力」
すごいんだもん・・・。

今日、息子が学校にこられないことを
報告に行ったのですが、

すっごく感じたのが
「もうちょっと、厳しくしてください!!!!」
というニュアンス(泣)

私 「だって、抱っこして、無理やり登校させるなんて、できないですよね」
先生「そういった、対応もありえます」

まじか?
そろそろ8歳になる息子を抱っこして、学校に連れていくのか?

ここで、あまりの先生の気迫に、冷静になった。

それ、ほんとうに、先生の意思、意見なのだろうか?

学校とはいえ、組織の一部であり、
先生にだって、上司はいる。(例 校長)
そこから、指示が出ていたら、先生の考えとは関係なく、
変な圧力がかかっちゃうんじゃない?

そう思えるのも、
以前、連絡帳に先生が書いてくれた内容
「安心して、彼のペースで学校に戻ってきてください。
 いつでも待っています」
こんな風にいってくれていた先生です。
実際、いつでも戻れるよう、
クラスの雰囲気を作ってくださっています。
おかげで、息子が学校にいった時には
クラスの子供達が必要以上に歓迎してくれるんです。
それで、息子はクラスに行きやすくなっているんです。

そういう、素敵な先生なんです
 
同じ人が、
抱っこしてまで、無理やり登校を促す?
ちょっと、信じがたいです。

偶然、居合わせたのですが、最近、校長&校長先生が
授業をチェックしていたんです。

急に、担任の先生が出張になったんです

これが、うちの子が不登校になったことの結果なのでしょうか?
私たちは、担任の先生のキャリアの足を引っ張っているのかな?

偶然かも?と思いたいけど、
すっごく心配です。

至らないのは私たち親子で、
たまたま学区内の先生のクラスにお世話になったわけで、
それなのに、担任の先生が責められるの?

先生は、絶対に悪くない。

と、あれこれ考えていたら、
「父親、母親、担任の先生、校長先生」の4者面談が決まったww

で、旦那に話したら
「俺と担任の先生」の2人の面談希望らしいw

旦那は
「子供とはいえ自主性を尊重」との考えなので
学校とは、徹底抗戦する構えらしいw
で、組織の中の担任の先生の立場も考慮するらしいw

私、もう、疲れたし、旦那に任せてみようと思う。

「担任の先生は悪くない、責任は校長じゃん?」
という立場で臨む、面談ですが、どうなることやらw

今日は、私が体調不良でダウンしてしまった。
息子は、毛布を運んでくれたり、
お手伝いをしてくた。涙出そうw

この記事も、支離滅裂かもしれませんね(苦笑)
でも、とりあえず、記録させてください
それが、息子の未来に繋がる気がするんです、

息子は、学校に行かなくても、成長してる。
ちょっとだけど、成長してる。

息子へ、情けない私にやさしくしてくれてありがとう。大好きだよ
旦那へ、誕生日なのに、ご馳走作れなくてごめん、牛丼買ってきてくれてありがとう。
元気になったら、好物のステーキ焼くからね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

不登校16日目 息子が疲労困憊 [学校]

前日、「明日は図工!」と、うきうきの息子でした。
予定では、図工、図工、給食です
またしても、素敵なラインナップだったのですが、

今日は一転、「学校行きたくない・・・」

・・・うん、なんか、そんな気がしてたよ。

前日の帰宅後、咳が出始めていたんですよ
鼻も喉も調子悪そうだし、
不調を押してまで、学校なんか行きたくないよね。

本音は
「じゃあ、ゆっくりお休みしよ!」
なのですが、
なんとなく、行かせなきゃいけない気がした。

で、ちょっとしつこく誘ったら、
2段ベッド(上段)に潜り込み、
眠ってしまいましたw
完璧な現実逃避ですねwww

一応、眠らせない努力はしたんですよ?
揺すってみたり、
「PPAP」歌ってみたりw

それでも、頑なに目を開けず、
ついには、”いびき”が聞こえたのであきらめました(涙)

で、母は、とぼとぼ一人で登校して、
連絡帳とプリントを受け取ってきましたとさww

ほんと、気まずかったです。
「お母さん、もっとちゃんとして!!」
と、言われてる気がします(被害妄想w)

さて、帰宅後、息子の寝顔を見て、
心底思ったのが
「心おきなく、休ませてあげたい」
ということでした。

息子は、きっと、すごーく、疲れたんです。
いっつも、予定より、頑張って。
それでも、楽しそうに、笑っていました。

思い起こせば、ここのところ、
「息子を登校させる」というノルマに追われていました。
まぁ、親子して、「駆け引きゲーム」みたいに
楽しんでいる部分はありましたがw
「登校させる」って、私の本心ではないです。

あくまでも、
「息子は学校に行きたがっている」
という確信があることと、
いつもご配慮いただいている学校に対する、「誠意」として、

「とにかく、学校に少しでも長く行かせねば!!」
みたいな、妙なプレッシャーの結果です。

で、この「学校に行く」というノルマの為に、
多大な時間が費やされています。

登校前は、1時間前くらいから、
押したり、引いたりの駆け引き、

溜まった宿題にも、なかなか手がつけられません。
強く促して、機嫌を損ねたら、一大事です!

さて、無事登校して

帰宅後は、ねぎらいタイム、
明日の登校の為に甘やかしまくり!
宿題はやっぱり放置されます。

結果

ちょっとだけ、登校させる為に、
それ以外の全ての時間を使い
「登校すればするほど、勉強できない」ということになっています。
言い換えると
「義務教育を果たそうとする努力が勉強の妨げになる」という矛盾
ついでに、親子で疲労困憊

・・・やってらんねー!!

学校が、勉強の邪魔になってます!
親子の全部のエネルギーを無駄に持って行かれています!!
やっと、気がつきました(遅いw)

「学校のご厚意に答えなきゃ!!」
などと、感じていた私は、なんという、
「The 日本人」
だったのでしょうw

そんなの、「当然の権利」と、主張する
欧米人を見習おう!!

息子に一番必要なのは、「勉強」と「休息」だ!!
登校なんぞ、どうでもいいわ!

やっと、決めました。
「登校させること」にパワーを使うのは、やめる。
それは息子自身で決めさせる、
私たちは、そのサポートをする。

学校には、とっても感謝しているが

「息子のペースを尊重する」
「息子の考えを尊重する」
「息子を信じて待つ」

という部分は、理解してもらえなかったし、
今後も、分かり合えるとは思わない。

それは、しょうがないし、文句もないけど、
息子は、疲れきっている。
私たちは、息子を守るべき存在で、
息子を学校の理想に合わせる必要はないよね。

ブレまくりの母で、申し訳ないけれど、
やっぱり、結論は変わらないや

「嫌なら、学校には行かなくていい!!」
      
今度こそ、ブレない母になりたい!

最後に、このことに、
完全に同調してくれた夫に最高の感謝を!!


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

不登校15日目 学校に置いてきた [学校]

今日の予定は、
中休み、体育、道徳、給食!!
なんて、いいとこ取りのラインナップw

にも関わらず、「体育と給食だけ・・・」
さらに、いいとこ取りを狙っている息子です。

残念ながら、今日は弟の午前保育、
どーしても、お迎えは間に合いませんw
しぶしぶながら、食い意地に負け、
「体育も道徳も見学にする・・・」だとさ
道徳の見学って初めて聞いたわw
そんなこんなで、
本日も、なんとか無事、登校できました。

さて、息子が一人で学校にいるのは
10日ぶりくらいです。
不安気な表情ですが、
速攻でお友達に囲まれて笑顔に!!
サンキューお友達!
一応、先生に見学の件を伝えて
速攻で消え去りました。

結局、体育も道徳も参加させられたらしいw
まぁ、予想通りですね。
今日の体育は「しっぽ取り」です
めっちゃ楽しんでいたようですww

さて、息子が学校にいる間、
カウンセリングに行ってきました。
実は、記事にはしなかったのですが、
前日の「算数強制参加」で
私がかなり動転してしまったんですよw

「休み時間だけ」って話だったのに、
無理やり授業に参加させてしまったら、
次の日、登校するハードルが上がっちゃうんです。

ただでさえ、「死にたい」とか言っているのに、
これ以上無理強いしないでよーーー!!

と、涙ながらにカウンセラーさんに訴えまして、
大層、心配させてしまいました。
それを踏まえてのカウンセリングです。

カウンセラーさんってすごいですね。
そういう時の対処法を教えてもらいました。

「急なことで、びっくりしちゃったけど、
 それでもできちゃったね、すごいね!!」

とポジティブに言い換えてあげればいいんですって!!
目から鱗ってやつでしたw

学校と家庭の登校に対する温度差に、
結構悩んでいたんです。
なんども、
「こちらのペースを尊重してほしい」
と訴えるも、どうにも伝わらないw

「楽しんでるから大丈夫です!!」
「どんどん、慣れていきますから!!」

明るく、励ましてくれるんです。

確かに、息子は学校でとっても楽しそうです。
これだけ見たら、絶対にそう思いますよw

登校前の荒れっぷりは別人ですからww
それをなだめすかして、連れてくの、
かなり、しんどいんですよ?

しかし、伝わらない、
いや、伝わっていても、無視されるww

これを、解決してくれるのが
「ポジティブに言い換える」作戦です!!

幸い、息子に耐性がついてきて
「休み時間だけっていっても、授業させられるんだよなぁ」
と、まんざらでもない様子ww
いわゆる「かまってちゃん」なので
しつこく誘われるのを心底嫌がってはいない。

その後の反動を吸収できるなら、
八方丸く収まるじゃないか!!

で、すっきりして、帰って来ましたww
ありがとう、カウンセリング!!

明日からまた、がんばれる!!

ちなみに、予定外に授業に参加させられた息子ですが、
そんなことはすっかり忘れ、
給食のココア揚げパンのココアを口元に残しながら
「しっぽ取れたよーー」
「明日はマジック、持って行くんだって」
と超ご機嫌ww

今日も楽しいことがたくさんありました。
明日も、楽しく過ごせますように!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

不登校14日目 「どうして学校に行かなきゃいけないの?」 [学校]

今日は「登校班で行く」と促しました、
しかし、できなかったww

ベッドから出ない
着替えない
朝ごはん食べない
トイレに籠城
「3階から飛び降りる」と脅す

時間ギリギリまで粘りましたが、
残念でしたww

いつもどおり、休み時間に登校、
休み時間にうっかり遊びすぎて
その流れで
「算数」に強制参加ww

私は図らずも個人授業参観
・・・気まずかったよww

息子は終始、硬い表情で
明日の登校に苦労するなーと、
気が気じゃなかったよw

でもね、帰宅後、息子はきげんがよかった!
明日も「体育」と「給食」に行きたいって!!
嬉しいな。

さて、今日のタイトル
息子が、寝る前に、真剣に聞いてきた。

「本当のこと教えて、
どうして学校に行かなきゃいけないの?」

「本当のこと」だからさ
「それが、この国のきまりだから」
と答えたよ。

「義務教育」について、
それは、現状、「学校での勉強」しか認められていないことを
簡単な言葉で説明しました。
例外もあるけれど、
それが今の息子に当てはまらないことも説明した。

息子はずっと、黙って聞いていました。
そのまましばらくして、眠りました。

そういえば、
今日の入浴中、
「自分はどうやって生まれたのか」
「小さい頃、どんなだったのか」
たくさん、質問された。

今、息子はいろんなことを
一生懸命考えているんだと思う。

私は、息子が考えて、
覚悟して、
自分の意思で学校に行く日が
絶対に来る、と思った。

それを、ゆっくり待ちたい。
待ってもらいたいと思いました。

明日の息子の成長を願って
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

不登校13日目 愚痴りたい! [不登校]

今日は日曜日、平和ですw
息子は、ゲームで遊んだり
狭ーいリビングでドッジボールをしたり
楽しい一日を過ごしました。

さて、気が重いのが、
明日の予定を決めることです。
思い切って、
「登校班で行ってみない?」と提案
「え?無理!、休み時間だけ」と速攻拒否ですw

予想通りなのですが、ちょっと食い下がりました
「お母さんも、息子が学校行っちゃうの、寂しいんだ」
「でも、先週、一緒に学校に行って、息子が
 すっごく、楽しそうな顔しているのを見て、
 息子には学校が必要なんだなーって思ったんだ」
「お母さんも、息子が学校行っている間、
 頑張って、お掃除したりご飯つくったりするから、
 寂しいのも我慢するから、いっしょに頑張ろう」

と、言ってみました。
20%くらい本心ですw

こちらの思いは伝わりましたが、
登校班はやっぱり拒否!
怒りの矛先は私に(泣笑)
手加減しつつ、蹴られたよwww

受け流して、ヨシヨシして、
最後は手をつないで寝ました(無言の仲直りw)。

明日、どうなるかわからないけれど、
息子はできると思うし、
学校を楽しめると思う。
それは、全部息子の本心だとも思う。

さて、ここからは愚痴です。
書きなぐりをご容赦くださいww

なんで、こんな苦労をしなければいけないのでしょうか?
息子は学校に行きたいわけだし、
放っておけば、また行けるようになるのは明白です。

それを、一刻も早く学校に行けるように
「しなければいけない」のは、
な・ん・で・か・なーーーーー?

日本の教育システムのせいだーーー!!
一ヶ月くらい無条件で休ませろ!
教科書11pから休んだならば
休み明けは当然12pから教えてよ、
なんで、つらい思いして休んだ代償を
ぜーんぶ、つらかった本人に払わせるんだよ!

学校だってつらい立場じゃん、
一斉授業なんだから、
誰かが、11pまでしか習ってなくても
次の日は12p13pと進めるしかない、
まずは授業に来てもらわないと
なーんにもできない、
そりゃ、「とにかく来てください!」
って言うしかないよね、
学校も先生も、何も悪くないよね、
それが仕事だもん、
息子の学校、
夜10時まで職員室の電気ついてますよ、
精一杯、やってくれてるんですよ、
これ以上、遅れた児童の補習なんて、
頼めるわけないですよね、

今回、息子が学校にいけなくなったの、
親のせいだと思ってる、
私はすっごく反省してるし、必死で努力している。

今、息子を甘やかす必要があるんですよ、
そのためには、学校を心置きなく休ませて、
ゆっくり、親子関係を再構築するしかないんですよ、

その時間をくれないシステムってなんだよ、
息子、一つも悪くないじゃん、
不出来な親の元に生まれてきて、
それでも、めちゃくちゃ優しい子に育ってくれたんだ。
なんで、息子が被害を被るんだよ!

彼は、芯が強いから、それでもなんとかなると思う、
でもさ、ゆっくり、待ってあげたかったよ。
自分で「やっぱり学校にいく!」って
いいだすのを待ちたいよ。

義務教育の名の下に、
公立小学校を押しつけるならば、
寺子屋にしてください!
子供達個人のペースを尊重してください!
学校や先生にノルマみたいなものを押し付けないで!

私は、ただ、待ってほしいだけだ。
躓いてしまった子供や親が、立ち上がるまで
ただ、待ってほしい。

私は息子が立ち上がるのを待ちたい。
絶対に、自分で立ち上がれると信じている。
だから、とにかく待ってほしい
そういうシステムになってほしいです。

それでも、今のシステムの中で生きる以上、
公教育から外れるリスクを容認できない。
息子の気持ちと、それを叶えるリスクと
板挟みで、しんどい・・・。

吐き出して、ちょっとすっきりです。
明日からは、お気楽が復活するでしょうw

いろいろあるけど、精進します。

感謝をこめて
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

不登校12日目 「死にたい」と言われたら [不登校]

今日は土曜日だったので、
息子も私も 
日頃の
「学校行かなきゃ」プレッシャーから解放され、
穏やかに過ごせるはずでした、が

私にはどうしても、
息子に伝えたいことがありました。
それは、
「学校に行かないリスク」
についてです。

私自身、
「学校が本当に合わないのなら、行かなくてもいい」
と思っています。
ただし、それは
「勉強しなくてもいい」という意味ではないし、
ここでいう、勉強とはいわゆる、「"教科"の枠組みに限定しない」
という、補足がつきます。

まぁ、例えば、スポーツ選手とか、一芸に秀でている場合、
学校をそこそこに、スポーツにうちこみ
学校外で勉強するわけですが、そういう風に、
何かやりたいことがあって、それを学校が邪魔するのならば、
捨てるのもしょうがない。
また、どうしても、学校が合わない、ひとつも楽しくないなら、
お家で自分のペースで勉強すればいいと思っています。
それをサポートするのも全然OKです。
ホームスクーリング、ドンと来いですww

でもさ、それは普通に学校に行くより、
格段に努力が必要だし、それなりにリスクもある。
たかが7歳の子供が、どこまで理解して、
「学校に行かない」選択をしているのか、
悪いけれど、疑問だらけです。

子供の意思は尊重するが、
無知であるがゆえ、
本心とは別の選択をしている可能性もあるし、
残酷だと思うが、これを説明する義務があると感じた。

で、説明しました。
穏やかに、わかりやすくですが

私 「ずっと学校に行かないの?」」
息子「えっと、4年生位から行こうかな」
私 「弟が来るから?」
息子「うん、弟と一緒に学校行く」
私 「4年生かぁ、割り算とか掛け算とかメートルとか
 時計の読み方とか、分数とか小数とか、普通に出てくるけど
 大丈夫?」
息子「・・・無理かも」
私 「そっか、そういうこと考えたこと、ある?」
息子「・・・あんまり・・・」
私 「少し、考えてみたら?」
息子「・・・・」

やはり、わかってなかったようですww
わかりたくもなかったのかもしれないですねw
とってもショックだったと思います。
これで、責務は果たしました。
後は、これを踏まえて
息子が考えることです。

で、考える前に心が折れました。
事前に旦那から「宿題しろ」と言われていたこと、
iPadの通信が切れていたこと(原因不明)と合わせて
大パニックに陥り、号泣、
「もう、死にたい・・・」と

一瞬、心臓が跳ねたのは事実ですが、
これ、
「死にたいくらい、辛い」アピールです。
こちらを「試して」いるんです。

子供に「死にたい」とか言われたら、
まぁ、凹みますよ。
ただ、親がまず、できることは、
それくらい辛い気持ちを、
まず、受け入れることです。

「そっか、それぐらい、辛い気持ちなんだ」

と言って、背中を撫でてあげました。
息子はその後も
「死にたい」
「学校行きたくない」
を連呼しつつ、眠ってしまいました。


起きてきたのは3時間後です。
ここからは、甘やかしタイム。
お昼ご飯を作って、
ご機嫌斜めの息子の話を聞きました。

息子「さっき、3階から、飛び降りようと思った」
私 「そんな気持ちだったんだ」
息子「・・・お父さんとお母さんのせい!ガミガミ言うから」
私 「嫌だったんだね・・・」
息子「うん・・・」

で、この後は、幼児をあやすように
「ヨシヨシ」していました(不本意w)

で、息子の機嫌がなおるのを待って、
息子が欲しがっていた新しいジャンパーを買いに行き、
帰りに旦那リクエストの回転寿司で早めの晩御飯を食べ、
超ご機嫌で帰宅しました。

帰宅後、
「そろそろ、宿題やりますよ〜」(不本意)と、
甘ったるく声をかけたら、
楽しそうに宿題をやっていましたww
ある意味、ちょろいんですが、
こんなことに気がつかなくって
今までごめんね、息子。

明日も楽しく過ごせますように
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校
前の10件 | -
-|2017年01月 |2017年02月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。