So-net無料ブログ作成
検索選択

不登校52日目 漢字ドリル タイムトライアル 大成功!! [国語]

以前、こちらの記事に書いた「漢字ドリル」の話の続きです
実は、30ページ以上あったのですww

それが、今日、やっと終わりました!!
息子も、大きな大きな達成感で、ハイテンション!!
リビングを飛び回って、喜んでいました。

タイムトライアル、効果絶大です。
10分で3、4ページ進むし、
「楽しいから、もう一回やる!」
と一日、2セットくらい、7、8ページは進みます。

最初は超雑で、頭を抱えていましたが、
後半になるにつれ、早く、きれいに書くようになってきました。

書き順はめちゃくちゃなんですけどねww
もう、贅沢言ってられません。

息子、すっごく頑張りました!!
偉かった! 息子!!!

ちなみに、同じ方法、算数だとあまり使えないです。
計算くらいならいいのですが、文章題になると
焦って、考えられなくなってしまうようです。

最近、算数プリントの宿題が出るので、
どうにか、楽しめる方法を考え中。

何か気がついたら、また記事にします。

そうだ、今日も登校班で行けました。
しぶしぶ、ではありますが、
毎日登校班で行くことを、受入れつつあります。

朝、息子を玄関で見送ることに感謝する日々です。

明日も登校班で行けたら、
土曜日はたこ焼きパーティーですw
頑張れ息子!!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

不登校32日目 漢字対策の失敗と成功 [国語]

今日も中休み登校できました。
最近の定番、給食と掃除まで参加できました。

あたりまえに、学校に行けて嬉しい限り!

その分、授業に参加することが増えているので、
そろそろ、学習についての悩みなんかも出てきています。

といっても、息子のネックは国語の漢字だけですww
まだ一年生なので、授業の進行もゆっくりだし、
漢字さえ覚えれば、学習への懸念は無くなります。

我が子の場合、「漢字」が唯一最大の難関なのです。

さて、漢字を覚える方法ですが、
王道は「書く」ひたすら「書く」とにかく「書く」ことです。
学校でもやたらと「漢字書き取りの宿題」が出されます。

この「書く」という行為、息子、大っ嫌いなんです。
漢字を覚えたい気持ちは、あります。
漢字を覚える必要性も理解しています。
それでも、「書きたくない!!!!」

で、以前紹介した「ベルトコンベアー暗記法」です。
「漢字問題5問を20秒で覚えて、テスト」
を繰り返すだけです。

何度か挑戦しましたが、失敗しましたww
これ、ある程度、漢字の「型」を知っていないと無理です。
くさかんむりの書き順もわからない一年生が、
「気」や「車」を見るだけで覚えるなんてできませんww
この失敗で、
一字一字、きちんと覚えなければいけないことが、わかりましたww

書かずに漢字を覚える方法

STEP1 読めるようにする

書きは置いておいて、
とりあえず「読める」ようにしました。
これは、簡単です。
「漢字ドリル」を眺めつつ、口頭で確認したり、
一緒に、本を読んだりすれば、自然に読めるようにはなります。

で、習う漢字を「知っている」状態にしておいてから、
いよいよ、書けるように持っていきます。

STEP2 指でなぞる

使ったのは、「書き順ロボ」というiosの無料アプリです

写真 2017-02-10 23 50 43.png

こんな画面で、決まった書き順を指でなぞるだけw
オプションで、ガイドの数字を消したりできます。
棒読みですが、読み上げ機能もついています。
出題する漢字を選択することもできます。

これで、とりあえず、書く練習なしで、
書き順を覚えて、大体の形を書けるようになります。

STEP3 一回だけ書いてみる

書き順ロボで自信をつけると、
「ちょっと書いてみよっかなー」という気持ちになれるようです。
ここで、一回だけ、書かせてみます。
色々、ツッコミどころ満載の漢字を書きます。
でも、「どんな字を書こうとしているか?」くらいは伝わります。
それで、満足しましょう。
「うわー!!、"気" 書けるようになったねー!!やったね!!」
とでも、言っておけばOKです。
気に入らなければ、本人が勝手に書き直しますww

こんな風にして、ようやく漢字練習を始めることができました。
せいぜい、10個程度の漢字で大騒ぎですww

私としては、別に、必死で覚える必要はないと思っています。
でも、本人は、「覚えたい」のです

やらないくせに、できたい、とは なんたる我が儘w
めんどうな息子ですよ、ほんとww

しばらくは、付き合っていきます。
今日も楽しい一日でした。また明日!!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

不登校26日目 学習の遅れ対処法 [国語]

不登校もそろそろ一ヶ月、気になってくるのが、
学習の遅れ」です。

まだ小一なので、取り戻すことは可能なのですが、
一番大事なのは、
「授業に復帰した時に、戸惑わないようにする」
ということです。

さて、小一では
「国語」「算数」「生活」「体育」「音楽」「図工」
の6教科です。

このうち「生活」「図工」は半分遊びなので、
いきなり行っても大丈夫です。
この2教科は家庭から材料を持っていくことが多いので、
注意すべきは、持ち物のみです。

次に、「体育」
これは、もう、しょうがないww
実技は本人が練習する気にならないと、
手出しできないので、スパッとあきらめます。

「音楽」も同様です。
そもそも、息子、音楽嫌いww
こっちは専科の先生に教えてもらうので、
今、何やっているかもわからないww
まぁ、これまでも口パクで凌いでいたようですので、
親がじたばたしてもしょうがないのですw

で、「国語」「算数」に的を絞って考えました。

「国語」
授業について行く、という意味では
終わってしまった単元については無視します。
教科書を見ても、連続性はないので、
取りこぼしがあっても、なんとかなると思います。

例えば、「手紙の書き方」を習えなくても、
次の「お話を楽しもう」には影響しません。
「今」やっていることが大事ですよね。
ですので、息子の機嫌がいい時に
教科書の読み聞かせをやっています。
調子にのって、
「どう思った? 感想とかある?」
などと聞くと、とたんに心を閉ざすのが残念なところですww
まぁ、授業に出た時に、
「これ知ってる!」
と思えるだけで、十分かな、と思っています。

ただし、「漢字」は繰り返し出てくるので、
これだけは、覚えておかなければいけません。
これについては、プリントをこなすのではなく
「とにかく、覚えればいい」と思います。

「プリント10枚はいやでしょ?
 でも、漢字10個覚えるって思えば、できそうじゃない?」

と聞いたら、
「やるーーーー!!」
と元気のいい返事が返ってきました。

しかし
「うーん、金曜日くらいにはやる」
との先延ばし宣言ww
ほとんど来週なんですけど・・・。

息子、ちょこちょこ、漢字ドリルをチェックしているので、
読むことはできるんですよ、
書くのはもともと、大嫌いだし、困ったものですw
まだ、実践してないのですが、
「5問を20秒で覚えて、テスト」
を繰り返す
その名も
「ベルトコンベアー暗記法」
を試してみようかと思っています。
結果は、また後日、記事にします。

「算数」
さて、算数は連続性がある科目です。
一度置いていかれると、再起が難しい。
しかし、幸運なことに、息子は算数が得意なのですw
今 やっているのは「大きな数」
といっても100までです。
息子はゲーマーなので、常に扱う数は万単位ww
わざわざ習わなくても、「大きな数の概念」は理解しています。

あとは、問題を解く「テクニック」ですので、
数枚のプリントをやればOKでしょうw
一年生の問題って、
「問題の型」が決まっているので、
慣れれば簡単にできます
「こう聞かれたら、こう答える」
みたいに作られているんですよ。
「つまんないなー」とは思いますけどねw
今となっては、むしろ、助かりますww

息子の場合、
「問題を読解する力」が足りないんですよ。
読む時に、一文字づつ読んじゃうんですよw

普通、一文を一目で見て理解しますよね、
絵本のような簡単な文章なら、2行位を一目で理解しますよね。
そこまでは無理でも単語単位で読んでいかないと、
時間ばかりかかって、
問題文全体を把握できなくなってしまいます。

いい機会なので、
「読む力」を身につけてあげたいと思っています。

試しの目の前で、
お母さんはこれくらいの速さで読むんだよー」
と言って、
絵本を、高速でめくって見たところ、

「あとで 試してみるーー」

とそれなりに乗り気でしたw

少しずつでいいので、成長してくれたら嬉しいな
それでは、今日はこの辺で失礼します。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

不登校息子の書いたきつい作文 [国語]

不登校1日目、
学校行かないのは構わないけど、
無気力にダラダラするのはちょっとなぁ・・・
せっかくだから、有意義に過ごして欲しいよ。

特に苦手な読み書きを、
克服してもらいたいんだよね。

理解力はそこそこあるけど、
読解力がない、
お話は上手だけれど、
文章として書けない、

楽しく学べる方法はないものかと
思案中ですが、
すっかり やさぐれている息子は
何を見せても 無関心(泣)

しょうがないので、
学校からもらった宿題をやることにした。
いやいやながら、なんとか終わらせたのだが、
これで色々思い出したらしく
怒り爆発!!

出るわ出るわ
学校であった、負のエピソード・・・

で、試しに
「"学校嫌い!"っていう作文書いたら?」
と、提案してみたww

そしたら、
作文大嫌いの息子に火がついたw
っていうか、
あんなに熱中、集中した息子を初めてみた。

そして、きっつい作文(一部創作)ができた。
全文掲載しますね
不愉快に思う方もいるかもしれません
以下、閲覧注意かもw


あわれな ばかたちと あほなA君

ある日 B君がぼくにいじめてきました。
そこにAという ばかが きました。
そのAという ばかな人がきて、
ばかっていわれたから、
ぼくはAをいじめたら
Aはなきました。
そして あわれな ばかたちは
ぼくをいじめました
そして いらっときたので
ちかくにあった竹うまで
いじめたみんなを
ぶっとばしました

めでたしめでたし。


ちなみに、「竹うま」のくだりは
息子の創作ですのでご心配なく
まぁ、願望でしょうね・・・。
「あわれな ばかたち」は
「哀れなバカ達」
クラスメイトのことです。

からかってきたB君に
のっかってきたA君、
A君に反撃したら
クラスのみんなに責められた。
むかつくから
やっつけたい

という事だ。

うん、息子はきっとみんなから
A君をいじめる
「いじめられっ子」って思われてるんだ。
本人もそれを感じているんだ。
クラスに味方はいないって
感じているんだね。

実際に、A君をいじめているのかもしれない
ただ、やり返しているだけなのかもしれない

私は息子を信じます!!
とまでは思わないけれど、

学校に行けば
A君は変わらず息子をからかい、
クラスメイトはA君をかばうのだろう、
息子に
「からかわれても我慢しなさい」
とは言えない、
適当にあしらうのも難しいだろう。

なによりも、
まだ 自制心の効かない小1の我が子が
実際に竹うまを振り回す可能性に
ぞっとした。

なんだよ、これ
親的に、結構きつい作文でした。

やっぱり
学校には行かせたくないなぁ。

とはいえ、文章にすることで
息子はちょっと
すっきりしたらしい。
「竹うま」の部分を気に入り
黒い爆笑をしていた(泣笑)

きっついけど、息子には
面白いね!!って褒めておいたよ

また、こうやって吐き出させたら、
息子のストレス解消になって
国語の勉強にもなるのかな?と

無理やり、
前向きに考えることにしました。

それでは、また
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。